産後の骨盤矯正

(産後の骨盤矯正について)

産後の骨盤引き締め・尿漏れ・骨盤周囲のトラブルに対応していきます。緩んだ骨盤の状態が続くと股関節(足の付け根)・恥骨の痛み・尾てい骨の痛み。

歩行中の重心が定まらないなどの不快感に発展していきます。早めのケアがおススメです。

また、帝王切開での出産であっても骨盤は広がっておりますので。骨盤矯正を受けておくことをおススメ致します。

(産後の骨盤矯正を受ける時期)

産後健診が終了した3週間又は1ヶ月後くらいから開始し。3ヶ月経過する頃には仕上げ。メンテナンスを経ながら卒乳時期まで個人のコンディションで継続されることをオススメします。

(帝王切開と産後の骨盤矯正)

オペによる手術痕は患部の癒着を作り。
要らぬ身体の代償を引き起こす原因となります。
産後1年しても尿漏れが治まらない?
以前よりぎっくり腰になりやすくなった?
それはお腹の癒着にトリガー(引金)があるかもしれません。

(産後ダイエットの間違った認識)

出産してから以前の服が着れなくなった・・・?
以前よりウエストが・・・?
骨盤矯正をすれば痩せますか??

授乳中はホルモンバランスや栄養供給の観点から基本女性の体は蓄えやすいです。

大抵は卒乳後にも食事量のコントロールや間食が止められずに・・・?と言う方の方が多い印象を受けます。骨盤矯正の目的は緩んだ骨盤の偏った固定化(安定)を抑制する軸作りです。

結果的には無理な運動などせずに普通に身体を使っていれば消費カロリーと摂取カロリーのバランスも落ち着き卒乳頃には元の体重に戻っている身体に仕上げておく。それが私どものやり方です(※注意:個人差はあります)

(産後の骨盤矯正の理想的な回数)

5回~10回くらいを1クールとしてご案内しております。初回から5回程度は週1回くらいのペースがベストです。

(お子様連れもOK)

三輪の整体室へのお子様連れはOKです。出張整体の際はそばに寝かせた状態で施術を行います。

※詳細はこちらをご確認下さい

産後の骨盤矯正